2017年3月30日 (木)

アトピーに効果のある乳酸菌サプリ

最近乳酸菌がアトピーに効果があると聞きます。

それならヨーグルトでアトピーが良くなるかと言えば、そうではないようです。

乳酸菌ならなんでも良いのではなくて、ごく一部の乳酸菌のようです。

今テレビCMでよくやっているL-92乳酸菌のアレルケアも効果が期待できる乳酸菌サプリです。

しかし、効果があることが試験結果で報告されているとはいえ、乳酸菌は人それぞれ合う、合わないがあります。

こればっかりは、試してみて自分に合った乳酸菌を見つけるしかありません。

合う人はアトピーによる痒みも和らいで肌もキレイになるようです。


その他にアトピーにはアレルナイトプラスという乳酸菌サプリもあります。

このアレルナイトプラスは夜痒くて眠れない方のために作られた乳酸菌サプリで、無意識に掻いてしまうのを抑えて良く眠れるようにしてくれます。


使われている乳酸菌もL-92乳酸菌と同様にアトピーなどのアレルギー症状を緩和してくれる試験結果も報告されています。

2017年3月23日 (木)

痔主さん2回目の病院

2週間分の痔の薬が無くなったので再度病院の診察を受けに行ってきました。

今回で2回目の病院です。

2回目ともなると恥ずかしさも無くなります。


相変わらず混んでいて1時間待ってやっと診察です。


先生いわく痔の薬だけでは根治は無理とのことで手術すれば治るとのことです。

そして手術することを決めました。

痔の手術は日帰りで行います。

具体的には内痔核の治療でALTA注射療法という方法です。

日帰り手術をやってもらえる病院を選んだ理由は、仕事を休む日数を少なくできることと、何より入院費が掛からないので治療費が安く済みます。

その後、手術日の予約をして看護師さんから手術の詳しい説明を受けました。


2017年3月11日 (土)

脇汗で汗染みが気になる

私が脇汗で汗染みが気になりだしたのは中学生の頃からです。

特に白いTシャツやブラウスなんかは汗染みが黄色くなりとても嫌でした。


大人になってからも市販の制汗剤や脇汗シートで対策してきましたが、どれも十分な効果もなく悩んでいました。

脇汗の黄ばみってやはり臭いが気になりますし、何より汚いですよね。



やはり脇汗を止めるしか方法がないのかなぁ~と半ば諦めていたところ友人から、合うかどうか分からないけど使ってみたらと薦められたのがリサラという制汗剤でした。


リサラは以前ラプカルムというネーミングで単に名前が変わっただけではなく、しっかりとバージョンアップされています。



使ってみて1週間位が過ぎてから、服が黄ばまなくなったと感じました。

脇汗が抑えられたんだと思いますから自分には合っていたんだと感じます。


2017年3月 9日 (木)

髪をきっちり分けて結ぶ髪型をしている人は、将来分け目から薄毛になりやすい

子供の頃はお母さんに髪を地肌の所からキッチリと分けて結んでいた事がある~と言う女性の人はどれ位いるのでしょう。

ずっと髪はショートカットだったから結ぶとかに縁が無かったな~と言う人もいれば、ずっと腰まで髪を伸ばし続けていたので、お風呂に入った時に髪を洗うのが大変だった!と言う思い出も色々ある事でしょう。

そんな風に髪と過ごしてきた時間が流れていつしか大人になって行ったのだと思いますが、子供の頃からずっと同じ分け目で髪を分けていると言う人はそろそろ分け目を変えた方がイイかも知れません。

と言うのも、年齢が進んだり地肌の肌トラブルになりやすい人は、その分け目を始まりの地として薄毛が進行して行きやすいのです。

薄毛が進んでいくと、いつもの分け目が太くなると言うか、地肌の見える幅が広くなったと言うか~な感じになるのですがその状態が、正しくハゲ?!ている様にも見えるので、見苦しさMAXになっている可能性があるのです。


しかも女性の薄毛になるメカニズムは、男性の薄毛とは全く違う理由なので、男性用の育毛トニックなどを使ったとしても、ほとんど期待する様な効果が得られないそうなので使わない方が良いと思います。

一応女性用の育毛トニックも最近では売られるようになってきたので、分け目からの薄毛だったり知らないうちにココが薄毛になっていた!と言う方は、機会があったら女性用の育毛剤を使ってみて欲しいと思います。

また、いつも同じ所の分け目も、別の所を分けるかまたは分けない髪型にして行く様にしましょう。











2017年3月 6日 (月)

痔主さん初めての病院

私は10年来の痔主さんです。

おしりのトラブルってやはり恥ずかしくてなかなか病院に行きづらいものです。

私の症状はそれほど深刻なものではなく、トイレに行った後に中からこんにちはと出てきます。

その後静かにしてると自然に引っ込みます。

毎日が出たり引っ込んだりの繰り返しです。

ちょっとひどい時は市販の痔の薬で凌いできました。

こんな生活を10年近く続けてきましたが、そろそろ病院に行ってしっかり治した方が良いと思い、意を決して病院(肛門科)に行ってきました。

事前にネットで近くの肛門科を調べることにしました。

もし、診察してもらって手術(入院)は嫌なので手術したとしても日帰りでやってもらえる病院を選びました。

初めての病院でしたが、意外なことに女性が多いのにびっくりしました。

結構込んでいて緊張しながら待っていると○○さんと呼ばれ、いよいよ診察です。

診察はベットに横になってカメラを使って患部を診ます。

そして手術すれば治るとのことで、その前に痔の薬で様子を見ましょう。ということでその日は2週間分の薬を処方してもらいました。

2017年3月 4日 (土)

お肌の老化が進まない様にしたい人は、外に出ないで過ごすと良いそうです

徐々に年齢が進むにつれ、お肌の老化もなかなか化粧品だけでは防ぎきれなくなってきている?と感じている人は結構多いかも知れません。

しかし毎日ヒタヒタと背後から忍び寄ってくる老化と言う名の恐怖からは、絶対に逃れられないのです。

ただ、その老化を遅らせる方法があるのですが、その方法を実践していると確実に外に出る機会を失うと言うか、外に出て直射日光に浴びない生活をする必要が出てくるのです。

何故、直射日光~つまり紫外線を浴びない生活をするだけで老化を遅らせる事が出来るのかと言うと、多くの人が悩むシミやそばかすの原因が紫外線による肌のダメージなんですが、このダメージが殆ど無かったらシミやそばかすは出来ませんしそれに、シワが出来てしまう原因は肌が老化するだけだと思われていますが、実際は光老化と言って紫外線を浴びた事によってシワになってしまうそうなのです。

なので、シミやシワになっていない肌をずっと維持し続けていきたいと考えている人は、外に出る時は日焼け止めを必ず塗ってしかもその日焼け止めの効力が効いている間だけ外出する様にして欲しいのです。

でも、日焼け止めを塗って外出する所までは出来そうですが、一日中外から出ないで生活するのはちょっと無理な人が多いと思うので、この方法は家からあまり出なくても済む仕事をしている方や、土日だけ外に出ない!と決めている人だけ挑戦してみて欲しいと思います。